sakushingakuin

ノーベル賞受賞者で京都大学iPS研究所所長の山中伸弥先生と、「未来を拓く教育」をテーマに対談した。
アカデミア・ラボは、近未来対応型の人材を育成するため今年度から新設された教育機関。この一学期は試用期間ということでトライ&エラーをひたすら積み重ねてきました。
4月20日、天皇・皇后両陛下主催の春の園遊会が、麗らかな陽光が降りそそぎ、そよ風吹きわたる中、開催されました。
近未来対応型の新たな教育を実践する「作新アカデミア・ラボ」が始動しました。
アカデミア・ラボにより、越えて、つながって行くのは、(作新)学院内だけではありません。
「今までは、挑戦される身だったかもしれないけど、これからは挑戦し続けて必ず勝ちます。挑戦する心。これが今回の負けで得た一番大切なものだと思っています」
この夏、甲子園で作新学院を54年ぶりの全国優勝に導いた小針崇宏監督へのインタビューです。
最新の科学研究データに基づき人間性に富んだ指導理論を専攻しました。
第98回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)は8月21日、阪神甲子園球場で決勝があり、作新学院(栃木)が北海(南北海道)を7-1で破り、54年ぶり2回目の優勝を決めた。
生きとし生けるものすべてが、みんなそれぞれに歯を食いしばり精一杯がんばって、今この瞬間を生きているのでしょう。