samusun-sumaho

米アップルが第4・四半期に世界スマートフォン(高機能携帯電話、スマホ)販売台数で首位に立ったことが調査会社ガートナーの調べで3日、明らかになった。
半導体産業の労働者の子供たちが、先天性の病気に苦しんでいる。多くは泣きながら自分を責めるばかりだ。
韓国のサムスン電子が発表した第3・四半期決算は、営業利益が前年同期比60.1%減の4兆1000億ウォン(39億ドル)で、2011年第2・四半期以来3年強ぶりの低水準となった。
韓国サムスン電子が発表した第2・四半期決算は、営業利益が前年同期比24.6%減の7兆2000億ウォン(70億3000万ドル)となった。営業減益は3四半期連続で、2012年第2・四半期以来2年ぶりの低水準。
成長著しいスマートフォン市場で、サムスンはひたすらシェアを追求し、信じられないほどの多機種を開発するパワーや高い品質、また積極的なマーケティングのパワーゲームによって成功してきましたが、なんらかの新たな成長戦略や競争戦略が必要になってきているのです。
スマートフォンの成熟へ向かう速度が早く大変です。サムスンだ、アップルだと2強体制に入ってきたスマートフォンが、それで淘汰が始まるどころか、逆に戦国時代にむかうのかと思わせる状況になってきているようです。