サミュエル・l・ジャクソン

『ロボコップ』(その2)――世界中の才能でクールに