sanfujinka

ご報告です。ちょっと長くなります。女の子には全員に読んでほしいブログです。
教材やカリキュラムと言うのは、そのねらいを深く理解して「言葉がけ」や「どこまでやらせるか」をコントロールしないと、効果が出ないどころかマイナスに働くこともあります。
訴訟の問題が大きく報じられた影響もあって産婦人科医自体が減少し、マンパワー不足でなかなか予防に手が回らない、という現実があります。
福島県・浜通りの病院での勤務経験は若者を成長させる。本稿では南相馬市立総合病院の初期研修医である山本佳奈さんをご紹介したい。
生まれ育った関東を離れ、神戸で研修を始めて半年が過ぎた。土地や人に慣れ周りを見る余裕が出てくると、ある違和感に気づいた。その違和感とは何か?
子供のいない女性と関わるときのエチケットとは何でしょうか? 自分の子供のことを話してもよいのでしょうか?
2017年度から、医師の専門医制度が変わる。現時点では学会が認定している専門医を、日本専門医機構という団体が中心となって認定することになる。
妊婦になって初めて気づいた、運動不足。身体を動かすことで、エネルギーがチャージされ、次に何かをするパワーの源になるということがよくわかりました。