sanfuranshisukoheiwajoyaku

世界の大国が自己利益のために日本を振り回そうする中で、壇上に立った一人の褐色肌の一人の青年。スリランカを代表して会議に参加した当時44歳のジャヤワルダナである。
今年10月1日、東海道新幹線が開業50周年を迎えました。当時、「夢の超特急」プロジェクトと呼ばれた新幹線建設が実は、日本が戦後、世界銀行から支援を受けて行なったプロジェクトの1つだという事をご存知ですか?
私がこの提案を行うのは初めてではない。2005年8月、米ウォールストリートジャーナル紙オピニオンページに歴史和解を最終確認する儀式を提唱して以来、ほぼ毎年、同じ主張を続けている。
アメリカ国内では、日韓関係の悪化は、オバマ政権の「アジアへの旋回(ピボット)」戦略を弱体化させるとの懸念が高まっているという。日韓の協力なしでは、アメリカは北朝鮮の核挑発や中国の台頭に対して効果的に対処できないと報じられている。