sango-taiho

伊豆諸島の鳥島沖でサンゴの密漁をしたとして、第3管区海上保安本部は21日、中国漁船の船長、林兵(リンビン)容疑者(46)を外国人漁業規制法違反(領海内操業)容疑で現行犯逮捕し発表した。相次ぐ密漁を受けた法改正により、同罪の罰金の上限が400万円から3千万円に引き上げられて以降、逮捕は初めて。