sangoutsu

なぜ産後につらくなるのか、塞がっていなかった心の傷が湧き上がってきたりするのかを自分なりに考えていた。
過程では何度も躓いたが、自分を諦めなかったこと、多くの方々の助けを得られたことで、回復していったと思う。
アドバイスではなく、ただ「大変だね、頑張ってるね」と言ってもらいたかった。
私は思春期の頃、自分の外見を気にし始めた頃から、自分の容姿が大嫌いだった。
今回は、死の瀬戸際を経験してようやく前向きに生きていこうと決意し、自助グループに通って回復の途を辿り始めた話です。
だんだん体から寒さも痺れも何も感じなくなってきた。向こうの方から暖かい光がやってくる感覚があった。
私の中では、自分の抱え続けたこの苦しみこそが産後鬱の土台だった。
自分が良かれと思ってかけた言葉でも、相手にとっては突き刺さる刃になることもある。ただ傍で聞く、それだけで十分かもしれないと思うようになった。
今回は、産後うつになる中で振り返った幼少期の心の傷について書いてみます。
今回は、なぜ子どもの泣き声を必要以上に苦しいと感じてしまうのか、私の幼少期の体験から振り返って書いてみます。
初めての出産で経験した「産後うつ」の苦しみを語ります。
「産後うつ」経験者として一つの体験談をお伝えしたいと思います。
ワンオペ育児をするのがお父さんにとって辛いのなら、お母さんにとっても辛いはずだ。なのにお母さんだからって、耐えなくてはならないのだろうか?
「必死に現実を隠そうと努力しました。弱い母親、おかしい母親、ひどい母親だと思われるないか、とても怖かったから」
ユニ・チャーム広報室の担当者はハフポストの取材に「本来の意図はリアルな日常を描き、応援したいという思いだった」。
掃除、料理、皿洗いなど一般の家事は、誰かと2人でやれば2倍楽になる。しかし、育児は違う。
育児という時間に不規則な力仕事を妻に任せる男性の偽善ぶりに腹立たしくもなった。
母乳じゃなきゃ子供がかわいそう?産後すぐにビキニを着るのはみっともない?
「でも私には、涙が出るほどしんどかった」