saninsen2013soten-abenomikusu

日本経済研究センターが11日発表したESPフォーキャスト調査(民間エコノミストによる日本経済予測の集計調査)によると、4─6月の国内総生産(年率)見通しは、前月調査の3.17%成長からやや下方修正されたが、それでも3.03%と非常に高い伸びとなる見通し…
日銀の黒田東彦総裁は11日の金融政策決定会合後の記者会見で、減速懸念が強まっている中国経済について、世界経済への影響が大きく今後の動向を注視していくと強調した…
足元の経済・物価が日銀のシナリオに沿って推移する中、黒田東彦総裁は11日の会見で2%の物価安定目標を2年程度で実現することにあらためて自信を示した。しかし、消費税率引き上げの影響を含めた景気や賃金の動向などが見えてくる来年前半には、政策判断で正念場を迎える可能性がある…
日銀は12日、7月の金融経済月報を公表し、現状の景気判断を「緩やかに回復しつつある」とし、前月の「持ち直している」から引き上げた。上方修正は7カ月連続...
7月に入って記録的な猛暑に見舞われている日本列島では、気温だけでなく経済も上向きになるとの見方も出ている…
安倍晋三首相のブレーンで内閣官房参与の浜田宏一・米エール大名誉教授は11日、名古屋市内で講演し、来年4月に予定されている消費税率引き上げについて「(景気が)心配なときは(税率を)1%ずつ、なだらかに上げていく」ことも選択肢にすべきだと語った...
宅配便で手紙や書類を送ろうとして、拒否されたことのある人は少なくないだろう。理由は何か?
国際通貨基金(IMF)は7月9日、最新の世界経済見通しを発表した。主要国は軒並み前回予想から引き下げとなっている中、日本だけが成長を維持している構図が鮮明となっている。理由は…
日銀は11日の金融政策決定会合で4月に導入した異次元緩和の継続を決めるとともに、景気の現状判断を前回6月の「持ち直している」から「緩やかに回復しつつある」に上方修正した...
日銀は11日の金融政策決定会合で4月に導入した異次元緩和の継続を決めるとともに、景気の現状判断を前回6月の「持ち直している」から「緩やかに回復しつつある」に上方修正した...