saninsen2013soten-abenomikusu

田村憲久厚生労働相は9日の記者会見で、特例で現在1割となっている70~74歳の医療費窓口負担を、2割に戻す時期について、来年4月を視野に入れて議論を進める考えを示した。これに対して賛否の声が上がっている。
5月全国消費者物価指数(除く生鮮、コア)が前年比0.0%とマイナスを脱し、デフレ脱却の局面が近づいているとの声が一部のエコノミストから出ているが、政府はエネルギー関連を除いた「コアコア指数」で判断する方針を明らかにしている。コア指数の上昇には、単純に需要の強まりと判断できない「訳ありケース」が含まれているからだ。デフレ脱却判断のハードルが高くなり、結果として消費増税判断に影響する可能性もある...
アベノミクスは結構博打みたいなものだと感じますが、焦点は「第3の矢」の成長戦略をいかに進め、目に見える効果を作り出せるかどうかです。ただ、いまのところ総花で焦点が定まっていません。
日銀が8日午前8時50分に発表した6月の貸出・預金動向によると、銀行・信金計の貸出平均残高は前年比1.9%増(5月は同1.8%増)の465兆2826億円と20カ月連続で前年実績を上回り、2009年7月(+2.1%)以来の高い伸びとなった‥
賃貸住宅の建設ラッシュが、銀行の貸し出し増加の一因となっている。消費増税や相続税の実質増税を控え、節税対策による建設需要が増えており、地銀を中心とした金融機関の貸出増加要因となっている…
7月4日、第23回参議院選挙が公示された。選挙区と比例代表合わせて433人が立候補を届け出た。投票日は21日。海外紙は今回の選挙の争点と今後の見通しについて報じている...
日銀が5日発表した6月の「生活意識に関するアンケート調査」(第54回)によると、1年後の物価について「上がる」との回答が80.2%と前回3月調査の74.2%から上昇した。これは原油価格が高騰していた2008年9月調査(81.2%)以来で、家計の先行き物価上昇予想が拡大している…
海外各紙が、安倍政権の経済政策「アベノミクス」に関して様々な角度から報じている。【エコノミストによるアベノミクスへの評価】 ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、日本経済とアベノミクスについて、世界のエコノミストを対象に調査を実施した(調査機関6月24日~7月1日、回答者は42人。その拠点は、約半数が日本、3分の1がアメリカ、その他はアジア・欧州)。 それによると、大半のエコノミストは、アベノミクスは日本経済の見通しに対して良い効果を与えているとみている...
ブロードバンド接続は無線でというのが当たり前になり始めている。ワイヤレスブロードバンドが経済発展を促すことについて米国と差があるはずもなく、わが国も周波数の傾斜配分を強力に進めるべきである。これから、このような周波数政策がアベノミクスに追加されるよう期待する。
日本を強くていい国に、世界の公共財を進んで守り、平和と安定に誰より貢献することができる国とし続けていくために、いま、私たちは努力を始めようとしています。20年たったら、こんなに変わったと、もっと驚いてもらわなくてはなりません。