saninsen2013soten-koyo

ハフィントンポストでは「ブラック企業」「追い出し部屋」「若者の雇用」など雇用をめぐる様々な問題を取り上げてきた。安倍政権が掲げる経済政策「アベノミクス」で大企業の業績がよくなるなど明るい兆しが出てきたが、働き手もその恩恵は得られるのだろうか。新しい働き方「限定正社員」が提案され、安倍政権が「雇用維持」から「雇用の流動化、転職支援」への転換も進めようとするなか、ハフィントンポスト上では活発な議論が繰り広げられた...
ハフィントンポストが7月14日、「退職に追い込む『追い出し部屋』どう思う?」の記事を公開したところ、3日間で約20件のコメントが集まっている。これは中高年の従業員を企業が退職に追い込むために、全く環境の違う部署に異動させる「追い出し部屋」について紹介した記事だ。読者にどう思うか尋ねた結果だ。
必要のなくなった従業員を企業が退職に追い込むために、全くそれまでの労働環境の違う部署に異動させる「追い出し部屋」が問題になっている。
IBMが業績が振るわないと判断した社員を相次いで解雇した。現在、やっかいな裁判が行われているが、世界各国からだけでなく日本国内からも裁判の内容が注目されている…
安倍晋三首相は10日のテレビ朝日の番組において、最低賃金を10円以上引き上げることについて「十分可能だろう」との見解を示したが、厳しい意見が上がっている…
経団連は8日、会員企業の採用活動の自主ルールを定めた「倫理憲章」を見直し、大学生の就職活動の解禁時期を3年生の3月に繰り下げる指針を定めると決めた。安倍政権の就職活動繰り下げ要請にあわせた。2016年4月入社の採用から適用し、現在の大学2年生が対象となる...
ハフィントンポストのブロガーの大石裕一氏が書いた「ブラック企業のブラックたる原因は経営者にのみあるのか 」という記事が議論を呼んでいる。記事公開から2日間で30件を超えるコメントが集まった。大石氏に同意して「消費者の責任も大きい」とする意見のほか、無茶な命令に従ってしまう「従業員の問題」とする意見も出た。しかし、中でも目立ったのは「それでも経営者の責任が大きい」という意見だった。
ブラック企業の特徴は「大量採用」「大量離職」――。民主党の細野豪志幹事長が自身のツイッターで「ブラック企業の特徴」に言及、対応策について意見を述べている。安倍首相がテレビ番組で限定正社員の制度化に意欲を示すなど、雇用政策は参議院選挙の争点の一つとなっている...
言うまでもないが、「雇用」は日本経済成長の原動力であると共に、社会保障と個人生活の根幹をなすものである。ついては、今回の参議院選挙での政権与党自民党の大勝とそれに伴い安倍現政権の長期化が予想される状況下、日本のあるべき「雇用」について広範な国民的議論がなされ、今後の雇用政策に反映されるべきと考える。
最低賃金はいくらになるのか――。 2013年度の最低賃金(時給)の目安を決める厚生労働省の審議会(中央最低賃金審議会)が2日始まった。安倍政権はアベノミクス効果を最低賃金の引き上げにつなげたい考えだが、負担が増える経営側は慎重な姿勢を示す。ここ数年は最低賃金アップが続いており...