sanokenjiro

草なぎ・稲垣・香取の手書き文字を組み合わせて作られていた。
デザイナーの佐野研二郎氏の葬儀をイメージさせるパフォーマンスが、多摩美術大学の学園祭で行われたことについて、ダウンタウンの松本人志が「本人の意思もないところでやる生前葬は殺人」と批判した。
当時の状況を目撃した漫画家の男性がハフィントンポストの取材に対して、佐野研二郎氏をとりまく社会風潮に対する「ブラックジョークだな」と感じたとコメントした。
多摩美術大学で開催中の学園祭「芸術祭」で、同大学の佐野研二郎教授の葬儀と称するパフォーマンスが実施されたという報告が11月6日、ネット上に続々と投稿された。
2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は11月24日正午から、新しい大会エンブレムのデザインの応募受け付けを公式サイトでスタートした。
2020年東京オリンピックの新エンブレムは、当選者の氏名が公表されない可能性が出てきた。
アートディレクターの佐野研二郎氏がデザインした、群馬県太田市の文化施設「おおたBITO 太田市美術館・図書館」のロゴの使用が断念されることになった。
佐野研二郎氏がデザインした2020年東京オリンピックのエンブレムが白紙撤回された問題に関して、2014年9月の公募発表前に佐野氏など8人のデザイナーに個別に参加を求める招待状を送っていたことが明らかになった。
「デザインとは何か?」「 デザイナーの価値とは何か?」 、多くの人がこれまでにないほど考えを巡らせたのではないだろうか。
いくらで落札された?