sarukoji

「負けることを知らなければ、気高さは存在しないでしょう」
オランドが失速した理由、それはさまざまな公約を果たせなかったことだ。
返り咲きを目指していたニコラ・サルコジ前大統領(61)が大統領選の予備選で敗北し、政界を引退する意向を表明した。
「マリアンヌはベールで覆われてはいません。マリアンヌは自由だからです。それが共和国の精神です!」
極右政党は牙を隠し、仮面をかぶることで「普通の政党」へと変身する。
3月下旬に行われたフランス県議会選挙第1回投票では、極右政党の国民戦線(FN)が25.2%の史上最高の得票率を獲得した。
フランスでは、既存原発の閉鎖を迫られた「フランス電力公社」のトップが更迭されたり、原発大手「アレバが申告な経営危機に陥るなど、原発ビジネスの先行きが危うくなってきている。
ハフィントンポスト国際版の編集部がそれぞれの国の2014年最大のニュース、忘れられないニュースを紹介する。
海外のネット選挙事情は、日本と比較すると随分と発展しています。 現在でこそインターネットが普及しているので違和感もないのですが、21世紀初頭においてネット選挙は革新的でした。 今回は21世紀初頭、フランスで行われたネット選挙についてまとめてみました。フランスにおけるネット選挙の歴史は2002年に始まります。2002年の選挙では大統領候補・政党・マスメディア・利益集団などが、こぞってホームページを開設し、選挙と関係した情報を流していました。