sasakiakiramare

ヤクルトが交渉権を獲得した奥川投手は指名後の記者会見で「勝てる投手になりたい」とプロ入りへの意気込みを語った。
佐々木投手は4球団、奥川投手は3球団、また石川選手が3球団の競合となった。
ダルビッシュ有投手も、大船渡高校の佐々木朗希投手を起用しなかった監督の判断については「佐々木君の未来を守ったのは勇気ある行動」と見解を示していた。
投手の連投による怪我への懸念や予選大会の過密日程...。ダルビッシュ投手は、現代の高校野球が抱える問題を解決する案を提案した。
ストレートはコンスタント140キロ台を計測。右打者の外角に逃げるスライダーで空振りを奪う場面もあった。
「一人だけ別格で、次元が違うと思いました。衝撃的でした」と動画の撮影・投稿者は語っています。