saujiarabia

国際原油価格がじわじわと下落していることに、ロシアが戦々恐々としている。
イスラム国の劇的な出現は西側の多くの人々に衝撃を与えている。そして多くの人が困惑して、恐怖を感じている――その暴力と、イスラム教スンニ派の若者たちへの明らかな求心力にだ。
近くにあるイラク第2の町モスルを占拠した今、クリスチャンが多く住むバーテラの町まで襲ってくるのではないかとの不安に苛まれている。
イスラム教スンニ派の武装組織「イラク・シリア・イスラム国」 (ISIS) は、アルカイダですら「過激すぎる」と非難している過激なジハード集団である。ISISは2014年6月初旬にイラクで奇襲攻撃を開始し、イラク第2の都市モスルを難なく占領した。
2003年のイラク戦争以後、テロが止まず不安定と混乱でぐずつくイラク情勢だが、ISISの伸長が、全体構図に玉突き状に変更を迫り、周辺諸国や地域大国を巻き込んだ内戦に発展する危険性がある。
サウジアラビアは、超高層のキングダムタワーで全世界の上を行こうとしているのかも知れない。
この映画は、映画館のない国、サウジアラビアで初めて作られた長編映画で監督はサウジの女性。その内容はサウジアラビアに住む少女の姿を描いたものです。これだけ聞くと、サウジの女性自身が同国の厳しい戒律ゆえの人権問題など、難しい問題を訴える作品だと思われる方もいるかもしれません。
サウジアラビアでは、国民の政治参加、司法改革、女性やマイノリティへの差別の撤廃などを求める活動家たちが、政府に厳しく弾圧されている、とヒューマン・ライツ・ウォッチは本日発表の報告書内で述べた。関係当局は活動家たちの動きに逮捕や訴追で応じ、人権活動家を沈黙させ、改革要求を潰そうとしている。
サウジアラビア生まれで、現在はカリフォルニアの大学で学ぶ女性ロタナ・タラブズーニさんは素晴らしい声の持ち主だ。彼女はその声を使って、祖国での女性の運転解禁を訴えている。
サウジアラビアにある聖地メッカには現在、数百万人のイスラム教徒たちが、巡礼(ハッジ)を行うために集まっている。その様子をGIF画像で紹介しよう。