SDGs

「SDGs(エスディージーズ)」という言葉を、最近よく耳にするようになった人も多いのではないでしょうか。SDGsとは、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称で、国際社会が2016年から2030年までに達成すべき17の目標です。SDGsの報道に力を入れてきたハフポスト日本版が、「SDGsとは何か?」「SDGsバッジ」「日本企業の取り組み」「ESG投資」など、わかりやすく解説します。
気候変動を防ぐということは将来起きうる破滅的な自然の変化を防ぎ、平和をまもるということです。
目標14では海そのものや海洋の生物資源を、目標15では森林や陸上の生物資源をそれぞれ守ることが目指されています。
愛媛県内子町は、変化に柔軟に対応しながら「住み続けられる」まちづくりに取り組んでいます。
目標16は、平和で公正な社会をつくりましょう、ということが目指されています。
2015年9月、国連で「持続可能な開発目標」が採択されました。今、私たちの目の前には、変革をもたらすための17の目標があります。
2030年の世界と日本は、どうなっていてほしいですか?そして、あなたができることは何ですか?15歳の中学生が語りました。
ニューヨークは大変な熱気に包まれていた。
「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals、SDGs)」が加盟国に限らずNGOや民間セクターや研究機関を巻き込んで採択されたことは、「お祝い」に値するできごとといえる。
「誰も取り残さない」。国連持続可能な開発サミットでは、世界で貧困や人権侵害状態にある人々すべてに尊厳のある生活を保障するためのアジェンダが採択されました。