sedaikankakusa

根本的な課題である労働改革や教育改革を一刻も早く推し進めてもらいたい。
本当に年金制度はそこまで危機に瀕しているのだろうか。
国民にとって最も重要な「なぜ年金改革が必要なのか」という情報は十分に提供されていないように感じる。
若者世代の参加は社会にどんな変革をもたらす?その一つの可能性は「シルバー民主主義」改善だ。
18、19歳になる人に、政治や社会などに対する意識を探った。
大西洋の両側で投票パターンに興味深い現象が生じている。若い人々が年長者とは際だって異なる投票行動に出ているのだ。
年金の負担は世代間でここまで違った。
政府は昨年に実施した財政検証に基づいて、公的年金制度に対する見直しを進めている。
格差問題はどこに焦点を当てて議論するかで様相が大きく異なる。国内の格差も世代内格差か世代間格差かで問題解決の方向性が違う。 ここでは格差問題のひとつとして、高齢者の貧困について考えてみよう。
官僚機構は無謬であり、失敗という言葉は官僚の辞書にはないので、謝らない(遺憾とはいうが、よほどのことがないと謝罪はしない)。