seibetsutekigoshujutsu

ホルモン治療を開始し、体形や胸が変化することで“女性に戻る喜び”を感じ、手術を決断したという。
SRS(性別適合手術)を受けて男女の枠に収まれば、今の社会では生きやすくなるかもしれません。でもSRSで体を変えても、過去の記憶は変えられないと思うんです。
本名も「椛島英次(かばしま・えいじ)」から「椛島一華(いちか)」に変更し、女性になって初の公の場となった。
漫画家の平沢ゆうなさんに、2015年2月にタイで性別適合手術を受けたときの模様や、性別移行後についてどう感じているかインタビューしました。
自分らしく生きるために、性別と職業を変えた平沢さん。彼女がその決断をするまでに、どんな葛藤があったのだろうか。
当事者でも非当事者でも、自らのアイデンティティーを模索し、それをお互いに尊重し合える関係性を築けたら素敵ですね。
アメリカでは、性別適合手術を保険でカバーする企業がここ10年で爆発的に増えている。
「治療の前に、もっと未来像を描いておくべきだったかもしれない。」誰にでも悩みはあるからこそ、うんと悩んで決めてください。
タレントのKABA.ちゃんが7月13日、フジテレビ系「ノンストップ!」の取材に対して、戸籍変更を目指して整形手術を受け、今後海外で性別適合手術(性転換手術)も受ける予定であることを明らかにした。