seibutsugaku

見ておもしろいだけでなく、ボートの漕ぎ手のような動きを、エレガントに説明している。
ラムノガラクツロナンII(RG-II)は、知られている中で最も複雑なグリカンである。
「海草を保護し回復させることの必要性を世界の人々に納得してもらうのに、今回の成果は大いに役立つでしょう」とShortは語る。
口から入った食べ物は体内で消化し、ふたたび口から排泄していたと考えられます。
機械的シグナルの伝達は、マウスでは新生仔でも成体でも呼吸調節に役割を果たしていることが明らかになった。
クマムシから発見された新規タンパク質をヒト培養細胞に導入すると、放射線耐性が向上した。
「ハチさえ救えれば、後はどうなってもいい」というわけにはいかないのです。
古無脊椎動物学の学芸員Ryan McKellarは、「羽毛が骨格と組織を伴う形で発見されたのはこれが初めてです」と話す。
シャコは、どうやら我々ヒトと同じような仕組みでは色を見ていないようだ。
シロオビアゲハ(Papilio polytes)の翅は、毒を持つ他のチョウの翅を模倣した紋様になっている。そこで、今回明らかになったのは…