seibutsutayosei

サメやエイが絶滅の危機に瀕していることが、新たな研究からわかりました
人間がこのまま生活を続けるのに、地球1.56個分の資源が必要だとも指摘しています
いま気候変動で起きていることは、間もなく生物多様性でも起きること。
湿地は、極めて深刻な脅威にさらされてもいる。
干ばつは、生態系の炭素貯蔵に影響を及ぼすが、干ばつからの生態系の回復に影響を及ぼす要因はまだよく分かっていない。
WWFジャパンは森林セミナー「持続可能な天然ゴムの生産と調達」を開催しました。
子どもたちにとって悲劇的な経験の劣化であるだけでなく、来たるべきグローバル経済の破綻も物語っています。
1997年、ロサンゼルス近郊のマリーナデルレイに生後間もないコククジラの赤ちゃんが迷い込み、大騒ぎになりました。
研究成果は、特定国のサプライチェーンが生物多様性に及ぼす影響も視覚化でき、環境にやさしい経済活動、消費活動を考える上で役に立つ。
田んぼなどの身近な農空間が突然消えることがある。守るための手立てを考え始めた団体に、その取り組みを紹介してもらった。