seichosenryaku

「骨太の方針2017」のポイントは何ですか?
骨太の方針は、15年は「財政再建よりも成長」、16年は「600兆円経済への道筋」と変遷、その時の経済状況や政策の力点をよく表している。
度人材をめぐる今回の政策決定は、安倍政権「成長戦略」の実態のなさを象徴している。
日本とロシアが受注したベトナムの原子力発電所の建設計画が、白紙撤回された。
これまで人間以外には困難と考えられてきた既存の多くの仕事がAIやロボットに奪われるかもしれない。
質の高い幼児教育(保育)を受けた子ども達は、大人になってから、より所得が高く、持ち家率が高く、生活保護率も低いことが分かったのです。
少し遅くなりましたが、こどもの日に際して、これからの政治が向かうべき方向性について考えたことを記事にしてみようと思います。
"一億総活躍”というスローガン。耳に心地良いし、日頃とかく見過ごされやすい子育て中の母親や介護家族に焦点を当てることはそれなりに望ましい福祉ではある。だが…
減反政策の廃止、農協の改革、農地政策の改革が第二次成長戦略によってどこまで進められ、どういった課題が残されているのかを述べる。
服を買うこと。たまには外食に行くこと。友達と飲みに行くこと。そんなことさえ諦めなければならないのが今の賃金水準なのだ。
アベノミクスでは、3次にわたって成長戦略が打ち出された。私見ではそのうち、最も本格的な構造改革の取り組みが行われたのが、第二次成長戦略だった。
アベノミクスの第三の矢、すなわち成長戦略は、2013年、2014年、2015年と3回にわたって打ち出されてきた。それら3つの成長戦略について評価してみよう。
安倍政権に期待するだけに、アベノミクスのこれまでの結果と最近の方向性を見ると心配がつのる。
努力に才能が必要と考えている人は、生涯、浮かばれない。自分さえその気になれば、いつでも努力は発露される。
TPPの成果を本当に生かすことができるかどうかは、今後の国内の対応次第に掛かっている。
安倍首相、新三本の矢(強い経済、子育て支援、社会保障)への移行を宣言。その狙いは?
TPPは、今回も最終合意が先送りされた。もし、TPPが漂流すれば日本は成長戦略の見直しを迫られる。
安倍内閣が6月に閣議決定した成長戦略「日本再興戦略 改訂2015」(以下「成長戦略2015」)に対し、マスコミや市場関係者の評価は芳しくない。
「こんなばかげた規制があったのか」と話題を集める「理容と美容の縄張り」に関する規制。「男性が美容院でカットしてもらうのはNG」というのだから、さすがにおかしい。
いわゆる「骨太の方針」では、2020年度の財政の黒字化目標を守っています。しかし、その前提は、名目3%、実質2%の高い経済成長を見込むものです。