seichosenryaku

安倍首相が検討を指示したとされる復興特別法人税の前倒し廃止議論に反対意見が続出している。何故復興法人税の議論が出てきたのか。また、何故復興特別所得税の議論はされないのだろうか。
安倍首相は国連総会で、「女性の活躍」を柱に据えた安倍内閣の成長戦略を説明する。国際社会において、シリアへの人道支援を示しながら「慰安婦問題へのマイナスイメージを拭い去る狙い」という合わせ技効果が期待されている。どういうことなのだろうか。
政府が検討をすすめている「雇用の流動化を促す特区(雇用特区)」には「解雇特区」や「ブラック企業特区」との批判もありますが、「雇用特区にはブラック企業の存在はムリ」とする反論意見も出ています。どのような内容でしょうか。
政府は雇用の流動化を促す「特区」の設立について検討を進めている。この特区においては、労働者に一定の金額の報酬を支払えば、労働時間の縛りを無くしたり、企業の判断で従業員を解雇しやすくするとされる。具体的にはどのようなものだろうか?
農業に限らず、日本にはまだまだ多くの産業が税に寄生する事で生き延びている事と思う。日本経済の成長達成のためには、監督官庁の対策も含め一つ一つ丁寧に対応していくしかない。何れにしてもオリンピック招致が無事決まった事でもあり、安倍政権は一度「成長戦略」について最初から考えてみるべきと思う。
『ジョブ型』の働き方を意識して、進路を選んでいる若者が増えているのではないかという分析が、8月15日に大和総研から発表された…
猛暑が続く中、水不足の懸念が出ている地域が出てきた。東京都でも、節水を呼びかけている。いっぽう、機器の進化などで節水が進むことで、水道料金を値上げしなくてはいけない自治体も出てきているという…
安倍首相は7月26日、シンガポールを訪問し、リー・シェンロン首相との会談を行ったのち、シンガポール・レクチャーと呼ばれる会合で講演を行った。講演では国内でのスタンスとはうってかわって、TPPを武器に強力な政治力を使って、農業など既得権益層と徹底的に戦う姿勢を強調した。
この先3年間の安定基盤を手に入れた安倍晋三政権の行方を金融マーケットは冷静に見極めようとしている。いったんイベント通過の株売り・円買いが出ているが、政策推進期待が途切れたわけではない…
参院選の最大の争点となった「アベノミクス」。2012年の衆院選から約8カ月が過ぎた7月17日の時点で、株価は上がり、円安となった。これらの数値だけ見ると、アベノミクスは今のところ一定の評価を得ているといえる。しかし、これは私たちの生活を良くした、または今後良くするといえる状態なのか。アベノミクスとは何かを、今一度検証してみたい…