seichosenryaku

アベノミクスでは、3次にわたって成長戦略が打ち出された。私見ではそのうち、最も本格的な構造改革の取り組みが行われたのが、第二次成長戦略だった。
アベノミクスの第三の矢、すなわち成長戦略は、2013年、2014年、2015年と3回にわたって打ち出されてきた。それら3つの成長戦略について評価してみよう。
安倍政権に期待するだけに、アベノミクスのこれまでの結果と最近の方向性を見ると心配がつのる。
努力に才能が必要と考えている人は、生涯、浮かばれない。自分さえその気になれば、いつでも努力は発露される。
TPPの成果を本当に生かすことができるかどうかは、今後の国内の対応次第に掛かっている。
安倍首相、新三本の矢(強い経済、子育て支援、社会保障)への移行を宣言。その狙いは?
TPPは、今回も最終合意が先送りされた。もし、TPPが漂流すれば日本は成長戦略の見直しを迫られる。
安倍内閣が6月に閣議決定した成長戦略「日本再興戦略 改訂2015」(以下「成長戦略2015」)に対し、マスコミや市場関係者の評価は芳しくない。
「こんなばかげた規制があったのか」と話題を集める「理容と美容の縄張り」に関する規制。「男性が美容院でカットしてもらうのはNG」というのだから、さすがにおかしい。
いわゆる「骨太の方針」では、2020年度の財政の黒字化目標を守っています。しかし、その前提は、名目3%、実質2%の高い経済成長を見込むものです。