seichosenryaku

バブルであれば、株価上昇は将来に禍根を残す。しかし、そうでないのであれば、国民生活にとって間違いなく、株価上昇はプラスになるのである。
解雇の問題をお金で解決する「解決金制度」(金銭解雇)。これまでの労働訴訟などで実際に支払われた金額はいくらだった?
アベノミクス前の2012年と、株価上昇後の2014年で、投資家の株式市場に対するリターンの見込みを比較してみた。
「単純な指標からは見えてこないプロフェッショナル」と「経営のプロ」的なものをいかに両立させるか・・・が今の日本の最大の課題だという話をしています。
昨年16,100円台で始まった日経平均は、17,450円77銭で年末の取引を終えた。2015年、日経平均がさらに上昇するためにはアベノミクス第三の矢である「成長戦略」が不可欠である。
自民・公明両党の税制調査会は29日、来年度の国と地方に納める法人実効税率を、2015年度と16年度の2年間で3・29%引き下げることを決めた。
政府・与党は、30日にまとめる15年度の税制改正大綱で、法人実効税率を2.51%幅引き下げることを盛り込むとともに、甘利大臣は法人税の実効税率20%台の実現に向け意欲を示しているとのことです。
この記事は、先日の衆院選直後に、この結果に「不満」な人にも希望が持てる道筋を示そうという意図で書かれたものですが、長過ぎてハフィントン・ポストのシステム上途中でカットされてしまったので、前後編に分けて再掲載しているものです。
なぜ日本におけるあらゆる「改革」は右も左もあまりうまく行かなかったのかというと、「古い国体」vs「ものすごく荒っぽい改革主義」的な二者択一になってしまっていたからなんですよね。
アベノミクスが発動し2年がたち、その政策の光だけでなく影の部分もクローズアップされるようになってきた。
「アベノミクス解散」で国民の信を問うという。なんとも不可解なロジックだが、賽は投げられたのだから堂々と受けて立つ。
2015年10月に予定している消費税率10%への再引き上げを延期するとともに衆議院を解散する案が急浮上している。
水素で走る「燃料電池車(FCV)」の普及を目指し、政府は購入者に対し、1台あたり200〜300万の補助金を支給する方針を固めた。
筆者は成長戦略に対して、漠然とした違和感を覚えてきた。これは政策メニューに対する批判ではない。はじめのうち、それは「成長」という言葉から受ける距離感のようなものだと思っていた。
正社員で働くことを希望する女性向け求人情報サイト「[en]ウィメンズワーク」上で、サイト利用者の女性555名を対象に「転職のリスク」をテーマにアンケートを行いました。
PRESENTED BY エン・ジャパン
このような"やじ"に対して、都議会が発表した『各会派は品位を持って臨むべき』とのコメントを聞いて、正直、私は驚き、呆れた。なぜなら、この事態は、品位の問題ではなく、明らかに「人権侵害」であり、「人権意識の欠如」の問題だと考えるからだ。
労働問題関連、弁護士や社労士によって書かれてものをネットでは目にする事が多い。率直にいって殆ど全てピントがずれており、こういった記事の読者である現役世代を大いにミスリードしていると思う。
今回、私が公開した記事を起点に番組が制作され、その番組に出演する事で記事を執筆した時には想定しなかった様な新たな問題点などが頭に浮かんで来た。
筆者は1984年生まれ。「はざま世代」である。何の「はざま」かと言えば、「競争で一番を目指すこと」と「個性を尊重すること」のはざまである。