seijin

1970年代の時代を感じる成人式の様子から、南極で迎える新成人の様子、アトラクション要素満載の式典まで。
自前で二十歳の振袖を用意するのが難しい児童養護施設出身の若者に、振袖の着付けと前撮り写真をプレゼントするプロジェクトがある。
焦りと諦念が交錯する「考え事の空回り」も、回数を重ねると予期せぬ福音をもたらします。
キリスト教の歴史上、死後19年での「列聖」は異例の早さ。
おやつでもらう、氷とカニが好き。体重は約20kg。
私はいつも迷ったら、常に間違いそうな方向に進むことにしている。「正しさ」にこだわることは時に怖いからだ。
私は大学の教師ですが、現役で入学した学生だと大学2年生がちょうど「新成人」になります。はたして彼ら彼女らは「20歳」になって何が可能になるのでしょう?
成人を迎えた皆さん、ほんとうにおめでとう。みなさんの望み、僕の『活字』に対する渇望のようなものは、将来、現実のものになるでしょう。
「大人は社会の模範とならなければならない」私が子供の頃から持ち続けている大人像だ。 大人というのはマナー、モラル、エチケットが完璧で、誰かが困ったり、弱ったりしたときに救いの手を差し伸べ、"俺に任せろ"というのが子供の頃に感じた大人だ。