seijisanka

政治家だけではなく、俳優やアーティストら多くの著名人も疑問の声を上げている。
もともとは男性優位な社会だったというアイスランドで、どのように女性の政治参画が進んでいったのか。エーリン・フリーゲンリング駐日大使を訪ねた。
「政治に関心は持ってるんだろうけど、ハッキリ口に出す人は少ない」と生前に語っていました。
日本若者協議会では、これまで若者の政治参画を中心に政策提言を行ってきた。結果、若者の政治参画の機運は確実に高まってきている。
目の前にいる政治家を「使って」みてください。貴方が思っているちょっとした疑問が、政治や社会を動かしていくかもしれませんよ。
「熱狂」が怖い。たとえそれが、市民の切実な訴えにもとづく反権力のデモであっても、直感的な恐怖を感じてしまう。
「障がい者参政権」「障がい者の政治参加」をテーマに、記念すべきキックオフイベント「障がい者が未来(あした)を動かす。」を開催しました。
18歳に下がったことで、これで若い世代に社会が託された!なんて言えません。だって全部「票」で回収されてしまうから。
この4月、あるランキングが公表された。その名もThe Global Youth Wellbeing Index (世界若者幸福度指数) だ。 この調査では、 世界各国の若者の状況を比較できるように、市民参加、経済、教育、健康、情報技術、治安といった若者に関連する6つのテーマに即したデータを集積し、指標化したものだ。
西宮市長に今村岳司さんが当選されました。これをもって「人々が若い力で政治を担うことに期待を寄せている」と取るべきかというと、僕はそうでもないと思っています。