seikenkotai

「取り消しなさい!」「取り消しなさいと言われても取り消しません!」の売り言葉に買い言葉……まるで子どものケンカみたい……
枝野氏は自身の政治スタンスを「リベラルであり、保守である」と語る。
蓮舫民進党はどうやったら「責任野党」になれるのか?結論を端的にまとめると以下の三点になります。
「政策で勝負」の時代、自治体の現場から大いに実現可能な提案をしていきたいと思います。
これからも「政権交代」が実際に起こらないとは断言出来ないのです。
過去の発言ではなく「蓮舫さんにとって日本人であるということは」どういう意味を持つのかを、今後「意志を持って引き受けて答えを出していく」ことが大事だと思います。
国民の多くにとっては、もはや、当たり前の感覚になりつつあるかもしれませんが、まったく政権交代の緊張感がないというのは異常である、という認識を持つことが必要です。
カナダで10年ぶりに政権交代を果たした自由党のジャスティン・トルドー首相が、新内閣の閣僚を男性15人、女性15人の男女同数として話題になっている。
緊張感の喪失は我々政権党にとっても決して好ましいことではありません
カナダのトルドー次期首相は20日、オバマ米大統領と電話で会談し、過激派組織「イスラム国」に対する有志連合の戦いから手を引くと伝えた。