seitaigaku

京都大の講師が発表した論文のタイトルに…
現実の自然の中には数多くの生物種が存在しており、それぞれが他の数多くの生物種と相互作用を持っているはずです。
生物多様性が失われると、生態系は極端な気象イベント(激しい乾燥など)の影響を受けやすくなるという研究結果が出た。
人間活動は全球規模で外来植物種の分散を助長しており、そうした植物種の多くはさまざまな大陸に帰化している。
生物多様性の進化的起源を調べるために、キナバル山のカエル類、昆虫、クモ類、腹足類、ヒル類、蘚類、顕花植物、シダ類、真菌類を含む生物相全体の標本採取が行われた。
ミツバチへの影響をめぐって論争が繰り広げられているネオニコチノイド系農薬。この使用を制限する機運が世界中で高まっている。
同一の宿主に、利害関係の異なる複数の寄生生物個体が存在する場合、それらは互いに競い合って宿主の行動を支配しようとする。どうやらサナダムシでは、勝利を収めるのは常に年長の1個体らしい。