seizentaii

TPP協定、トランプ政権、天皇陛下の譲位議論、憲法改正…過去の歴史には、解決のヒントが詰まっている。
私は、摂政も、一代限りの特別立法も、陛下が積み上げてこられた「国民に寄り添う天皇像」を否定するものだと考える。
この日は6人が意見を述べ、2人が退位に賛成。櫻井よしこ氏ら4人が「譲位に反対」の立場から意見を述べた。
この日は5人が意見を述べたが、賛成・反対の意見が割れた。それぞれの意見を紹介する。
実は、国民にとっては、今回の憲法改正が可能な状態は、縮小経済の中でのシルバー民主主義という課題を解決できる、千載一遇のチャンスではなかろうか。
天皇制を守るということは、今上陛下のご意思を尊重することから始めるべきではないのか。
それまで私は、歴史の書物の中でもこうした表現に接したことが一度もなかったので、一瞬驚きと共に痛みを覚えたのかもしれません。(皇后さま)
天皇制の継続性と皇室の安定を考えるならば、女性宮家の議論も待ったなしだ。
政府は早ければ来年の通常国会に法案を提出したい考えだ。
何十億人の中の一人の声がなぜここまで私たちの心を揺さぶり、さらに多くの人に共有したいと思わせるのでしょうか。