seizogyo

廃れていく町工場を見過ごすわけにいかない
PRESENTED BY エン・ジャパン
フィリピンが、製造業の生産拠点、製品・サービスの消費市場として注目され、企業の新規進出や既存拠点の拡大の人気ターゲットとなっている。
「上司から常に提案を歓迎する発言をし促している。改善提案を表彰する制度もある。」という社員のクチコミも。
PRESENTED BY エン・ジャパン
最も人気がある電化製品であるスマートフォンに日本製の製品がないのはもちろんですが、電子レンジや冷蔵庫などの白物家電も日本製品のシェアはどんどん減っています。
世界各国は、かなりのお金と時間をかけて製造業の新国家戦略を進めています。一方、日本は...
パナソニックが、中国で生産し日本に逆輸入している洗濯機や電子レンジなど家電製品約40種類について、2015年春から、日本国内にある工場で生産する方針を固めた。
朝日新聞の伝えるところでは、「残業代ゼロ」月末へ攻防 働き方効率的に/長時間労働懸念との事である。
一昨日のGuardian記事によれば、Hitachi to move global rail headquarters from Tokyo to London、との事である。目に付くのは、何といっても1971年生まれと若いジョージ・オズボーン蔵相の下記国民に対し明るい未来を説くコメントである。
財務省は2013年12月2日、7~9月期の法人企業統計を発表した。全体の数字を見ると、円安によって製造業が回復し、内需拡大によって非製造業も拡大しているように見える。だが、その内容を精査してみると、必ずしもそうとはいえない実態が浮かび上がってくる。
このところボーイングとエアバスの両社はかつてない規模の大型受注に沸き立っている。背景にあるのは、世界の航空機市場の急拡大である。航空機市場の拡大は、ボーイングに部品を納入している日本メーカーにとっては喜ばしい話といえる。だが視点を変えてみると、日本経済は世界の航空機市場から完全に取り残されつつあるという現実も見えてくる。