sekaijindosamitto

緊急支援活動全体をコーディネート(調整)する、いわば「縁の下の力もち」の役割を担っているのがOCHAなのです。
もしも日本で災害が起きて、学校が閉鎖され、子どもが長く授業を受けられない状態になったら、一般市民はどう思うだろうか。
病気の妻とお腹をすかせた子どもを抱えて避難生活を送っているあなた。もし薬か食糧のどちらか1つしか買えないとしたら、あなたはどちらを選ぶだろうか。
シリーズ第11回は、国連人道問題調整事務所(OCHA)人道問題調整官の高尾裕香さんです。
「ベンティウの文民保護区に最近新たにやって来た人たちは、その理由に身の危険よりもむしろ深刻な食糧不足をあげています」
日本人にとって今年2016年は、例年にも増して国際社会との関係を意識する年。
難民の数、そのニーズは増え続け、人道支援の許容範囲を越えつつあります。この状況を抜け出すための一つの方策は、難民に出口を提供する仕組みを作ることです。
自然災害や紛争といった危機対応などに対処するため、人道支援などを施す、国連開発計画(UNDP)で勤務された二瓶直樹さんの話をお伝えします。
緊急援助の最前線で活躍されている江崎さんに、国際官民連携による国際緊急援助活動について寄稿していただきました。
人道支援は、どのくらいの価値の支援が行われたか、自分たちがどれくらいの支援を行ったか、という競争やアピールの場であってはなりません。