sekainohafuposutokara

オリバー・ストーン監督はかつて「原爆投下が戦争を終わらせ、日米両国の多数の人命を救った」と信じていましたが、いまでは「『原爆投下は正しかった』というのはアメリカが創作した神話であり、トルーマンという『凡人』によって引き起こされた悲劇だ」と断言しています。
英国より一足早く、フランスでも同性婚を認める法律が成立した。インターネットで、街頭で、メディアで、激しい反対運動が盛り上がった。
ウォルフガング・ショイブレ財務相と、ハンブルク市長を務めるオーラフ・ショルツ元労働・社会保障相。ドイツ版ハフポストは、どちらがインターネットで影響力があるのか、スイスの研究機関と共同で研究した。
アミナ・スブイは、19歳のチュニジア人女性だ。フェメンのメンバーとして知られる。街頭でトップレスになって抗議する、過激な活動の団体だが、マグレブ版ハフポストとの単独インタビューで、フェメンからの決別を宣言した。
同性婚法の成立を受けて、同性愛を象徴するレインボーカラーをスプラッシュに掲載した。将来に向けた明るい動きをハフポスト流に称賛したかった。
イタリアでマフィア・テロリズムが起きるという危機についてのリポートだ。ハフポスト・イタリア版がスクープし、水面下の動きやマフィアのボスたちの思惑について、議論を再び呼び起こした。
小学生ら26人が犠牲となったコネティカット州ニュータウンの銃乱射事件から1年が経った。この間、全米で銃による犯罪はやむことがなかった。
自殺した10代の少女の父が投稿したブログをスプラッシュにした。10代がネット空間で標的になる「ネットいじめ」はカナダで大きな問題だ。
スペイン政府が、楽観的なメッセージで経済成長を宣伝しようとしている。「スペインは危機から脱しつつある」とのメッセージを繰り返し始めた。