sekaisenshuken

高校1年生、ドイツでの世界選手権が「栄養」を考えるきっかけになったと話す羽根田選手。約20年続ける、健康習慣の効果はいかに。
PRESENTED BY 大塚製薬 ネイチャーメイド
2022年冬季北京オリンピックの出場枠がかかっている世界選手権。SP6位の宇野昌磨選手、SP2位の鍵山優真選手、SP1位の羽生結弦選手の活躍が期待される。
優勝はSP首位のアンナ・シェルバコワ(ロシア連盟)で、フリー152.17点の合計233.17点。
サニブラン、桐生、小池の“9秒台トリオ“は、口々に言った。「もったいなかった」
4月20日のデザイン発表式に羽生選手本人が登場予定。全世界にインターネットで配信も行う見込み。
圧巻の演技を披露した氷上とは全く違うリラックスした笑顔を見せた。
強化本部長代行を立てるかなど、女子チームの態勢は近日中に詰めるという。
金メダルはアメリカのネーサン・チェン選手でした。