sengoshi

細谷雄一の新著『歴史認識とは何か』は、世界史と日本史とが切り離され、ひたすら自国の視点のみの「昭和史」「戦後史」が語られてしまう現状に対して、正面から批判を挑んでいる。
日本が自立国家として生きていくためには、本来考えなければいけない問題は山積している。