sentochihironokamigakushi

父・宮﨑駿は「たぶん死ぬまで作る」。
イギリスの映画雑誌「エンパイア」が読者投票による「史上最高の映画100本」で「ゴッドファーザー」が1位に輝いた。
「トンネルの向こうは、不思議の町でした」
「宮崎駿って人は、他人が何をやっているのか、特に高畑勲監督に関しては気になってしょうがない」
「キキが好きか、雫が好きかで人間は分かれる」
『君の名は。』について、鈴木氏は「大丈夫だよ、ヒットするよ絶対」と予言していた。その理由は…
全21作品から選ばれたのは、あの作品だった。
ジブリアニメにはさまざまな時代の日本が描かれている。それをたどってみると、20世紀の日本の歩みの少なくとも一部でもふりかえることができるんじゃないか、というわけだ。
21日に日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』(毎週金曜 後9:00)で放送されたジブリ映画『千と千尋の神隠し』の平均視聴率が19.6%だったことが25日、わかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。
11月21日、日本テレビではアカデミー名誉賞を受賞した宮崎駿監督作品「千と千尋の神隠し」が放送され、Twitterではおおいに盛り上がっていた。2001年に劇場公開されて以降、その人気はいまだに衰えることを知らない。
大ヒット中のディズニー・アニメ映画『アナと雪の女王』が公開19週目の19日に、興行収入250億円を突破したことが22日、わかった。累計動員数は1973万2446人、興収は251億584万7600円となり、ジブリ『千と千尋の神隠し』が2001年に記録して以来、実に13年ぶりの250億円超えとなった。
初の連続テレビアニメ「鉄腕アトム」からちょうど半世紀になります。宮崎駿監督が「風立ちぬ」を最後に長編アニメからの引退を表明しました。10月の放送から「サザエさん」はセル画が姿を消し、デジタル制作に完全移行しました。アニメは半世紀を経て、新世代に移ろうとしています。