seriea

マー氏は、290億ドル(約3兆2000億円)ともいわれる個人資産を有しており、買収への金銭的な障害はない。
サッカーの元イタリア代表でセリエA・ユベントスで活躍したデルピエロ(40)が、現役引退を示唆した。指導者の道を歩むことを考え始めたという。
今週末に最終節を迎えるイタリアの「セリエA」。かつては世界最高峰のリーグと言われてきましたが、最近は人気、実力とも陰りが見えてきました。
イタリアのサッカー1部リーグであるセリエAで、本田圭佑の所属するACミランは9月14日、敵地でパルマと対戦し、本田が2試合連続ゴールを挙げて5―4で競り勝ち、開幕2連勝を納めた。
イタリアのサッカーセリエAは、8月31日(日本時間9月1日)に各地で2014-15シーズンの開幕戦が開かれ、ACミランFWの本田圭佑は、ラツィオ戦で今季初ゴールを飾った。
長友佑都の昨季は、「キャリア最高」と言える出来だった。インテル在籍4年目で、リーグ戦34試合に出場(うち先発出場が32試合)。これはフィールドプレーヤーのなかで、アルゼンチン代表FWのロドリゴ・パラシオに次いで、2番目に多い試合数だった。さらに、戦術家として名高いワルテル・マッツァーリ監督の指導の下、左ウイングバックに配置された長友は攻撃面で格段の進歩を遂げた。自己最多の5ゴールはチーム全体の3番目に多い数字で、アシストも7つ積み重ねた。
日本中が待ちに待ったダービーで、本田圭佑は出場しなかった。前節での悪いパフォーマンスが影響したのだろうか? 現地ではどうもそう見られていない。果たしてその理由とは?
サッカーのイタリア・セリエAは7日、各地で試合を行い、本田圭佑を擁するACミランはジェノアを2─1で制した。本田はフル出場し、セリエA初ゴールで勝利に貢献した。
本田圭佑がついに沈黙を破った。現地紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」のインタビューに応じ、自分・チームの置かれている状況、クラブの未来などについて語った。全文を掲載する。
ユベントス戦で先発落ちした本田圭佑。これにはれっきとした理由があった。その証拠に、ミランは内容ではユベントスを上回っていたのだ。結果はついてこなかったが、戦術面を紐解くことで、本田に足りない数多くのことが浮かび上がる。