seshiumu

福島の3病院に導入された内部被曝量検査機による2700名規模の乳幼児の検査の結果、全員から放射性セシウムは検出されませんでした。
セシウムに対する植物の耐性を高める化合物を、理化学研究所環境資源科学研究センターのアダムス英里(えり)特別研究員、申怜(シン リョン)ユニットリーダーらが発見した。
[東京 25日 ロイター] - 東京電力<9501.t>は24日、福島第1原発2号機原子炉建屋の屋上で高い濃度の放射性汚染水を含む雨水を検出したと発表した。 検出地点は、港湾外に通じる排水路に繋がっており、東電は同排水路を通じて放射能を含んだ雨水が港湾外に流れていると認めているが、港湾外における観測では大きな変動はみられないとしている。 東電は昨年4月から、排水路を流れる雨水・地下水の
福島第一原発の汚染水に関して、いろんな誤解をする人がいる。
放射性セシウムは福島県東部の阿武隈山地で、主に風化黒雲母(市場では「バーミキュライト」と呼ばれている)に存在することを、東京大学大学院理学系研究科の小暮敏博准教授らが突き止めた。
事故から3年7カ月が過ぎた同県浜通りの被災地では、再生の歩みが各地で壁に突き当たり、新たな難題山積が希望を揺るがす。苦闘する住民の声は候補者に届いているのか。
7月半ば、福島第1原発から新たな問題が降ってわいた。原発事故現場のがれき処理から生じた粉じんが、福島県南相馬市などに飛来したというのだ。
NPO法人免疫療法支援する会の内部被曝検査ステーション(協賛 千本桜クリニック)にてホールボディーカウンターを使った内部被曝検査をしてきました。
311以来、見えないものに恐怖する人が増えた。具体的な放射性物質汚染のことだが、見えないもの、確信の持てないものには人はやはり過剰に恐怖してしまうものだと改めて感じました。
福島第一原発では9月16日正午ごろ、台風18号の接近に伴う大雨の影響で汚染水タンク周辺の囲いにたまった水を、排水溝を通して海に放出した。放射性物質の濃度が、海への排出基準を十分に下回っているというのが理由だ。