shanhai

本年10月以降、日中関係改善が加速し、日本企業のビジネスチャンスは一段と拡大しようとしているが…
第2四半期の実質成長率は前年比+7.0%と、前期比横ばいだったが、成長率に寄与した要因は、プラス要因、マイナス要因とも、昨年第4四半期以降大きく変動した。
中国は天津の大爆発で「安倍さんの談話」どころではない...みたい。こう言う事故が起こるたびに思う事が2点あります。
静安区は生活保障と改善を重視し、街づくりと高齢者フレンドリーな環境を育む社会インフラ構築展開を通じ、高齢者が健康で幸せな老後の生活を享受できるよう努めている。 
英学習アプリの「mikan」を提供しているmikan共同創業者の宇佐美峻氏に「TechCrunch China: Shanghai」をレポートしてもらった。
近頃デザインホテル界にはキューブ(箱)型建築が多く見られるようになりました。中でも気になるのは、地球上でも特に幻想的な環境に造られた現代的かつ独立したカプセル。ここではそんなボックス型ホテルの代表格10軒をご紹介。
人口高齢化は世界中で共通の課題です。現在、中国の上海も急激な高齢化に直面しており、最も深刻な問題の一つになっています。
「海外生活」にカフェは必需でした。ほとんど知り合いもいないコネも無い状態で異国に住み始めるので、とにかく一人で過ごす時間が半端なく長い。
「ユルい人にでも出来る海外生活の極意」とは、自分の能力の無さ、限界を冷静に分析して、「自分みたいな者でも必要とされるニッチ=隙間」を探す、と言うのが一番のポイントです。
最初に予告した「ユルい人にでも出来る海外生活の極意」一回目は「英語」です。
上海に行った理由、一番大きいのは広告写真家としての経済的な理由ですが、それに加えて若い頃から「魔都」と言われた上海に憧れがありました。
自分に火の粉がかからない範囲でノンビリと上海フォトグラファーのリアルな日常などを紹介していきたいと思います。
中国上海の観光地である外灘で新年を祝うために集まっていた群衆が将棋倒しとなり、これまでに少なくとも35人が死亡、42人が負傷した。
どこへ行きたいか分かっているけれど、何時間も調べている暇はない? オッケー。だったら、ロンリー・プラネットがやってくれる。
タイムラプス(微速度撮影)とは、デジタル一眼カメラなどで撮った連続写真をつなぎ合わせて動画のように仕上げる手法のことで、日本はもちろん、世界中でマニアが増殖している。
上海に来てからずっと雨が続いています。日本と同じモンスーン気候なわけですから、こちらも梅雨なんですね。
冒頭の衛星写真は、2013年12月7日に撮影されたものだ。北京から上海まで、1200キロメートル以上にわたってスモッグが広がっている様子がわかる。撮影したNASAの説明によると、白いのは雲や霧であり、スモッグは灰色の渦状として写っているという。