shazaikaiken

「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかります」という発言を謝罪撤回したが、その後も報道陣からの質問に対し問題発言を連発した。
「闇営業」「直営業」について「それをやんなきゃ食えないような状態の事務所の契約はなんだ」と事務所のシステムについて言及した。
「逃げたという意識はないです」
「芸能活動に意欲はある?」と問われると「もちろんです」と答えた。
「ご迷惑、お騒がせして誠に申し訳ありません」と深々と頭を下げて謝罪した。
プロ野球球団を持つまでに成長したIT企業の雄に何が起きたのか、その経緯と謝罪会見から読み取れる問題を解説してみたい。
これまでにも多くの芸能人が“謝罪会見”を行ってきたが、その言動や立ち居振る舞いが、その後の活動にも大きな影響を与えてきた。