sheahausu

「しゅわハウス」は、「聴者とろう者、難聴者が生活をともにする」というコンセプトを打ち出す珍しいシェアハウスだ。オーナーの伊澤英雄さんと住人でろう者の藤原宏樹さんに話を聞いた。
「個人主義が強い社会の中でも、新型コロナによって繋がりが再び重視されてきている」という
ありふれた20代女子のちょっと変わった人生経験。シェアハウスの実情に迫る。
私の頭の中に「ピラミッド」の形が浮かんできた。人間の生きるための欲求・要求を表すピラミッド。
高齢者が自宅の一室を貸す「(異世代)ホームシェア」、世代の異なる人たちとの共同生活は?
居間のような部屋では、女性と男性がテーブルを前にお茶を飲みながら、おしゃべりしているようだった。
会場となるシェアオフィスには共有スペースとしてダイニングキッチンがあり、様々な道具が揃っています。
「いずれは地域に溶け込み混じり合うコミュニティを作りたい」(IRISアソシエイトディレクターの池澤廣和さん)