shibikkutekku

マンホールの蓋の写真を、市民の力を借りて収集する取り組みが全国で始まりました。背景には、日本のインフラの老朽化の問題があります。
老朽化が社会課題となっている日本のインフラ。マンホールの蓋の画像を、草の根の力で収集する企画が話題となっています。
「海の日」をテーマに、グリーンバードや日本財団と一緒に開催しているキャンペーン「海の日ごみゼロアクション2015」がスタートしています。
田舎や離島の情報は、少ない。これはどの地域にも言えることかもしれません。知りたい情報にアクセスできないというのは、気になる地域に行くのを躊躇する原因にもなりますよね。
繋がりを広げていくことで世界を画一化させる可能性のあるSNSを活用して、逆に地域性を生み出そうとしているお二方の取り組みが時代を象徴しています。