shichosen

市長選では、市長室に約360万円をかけてシャワー室を設置するなど、再選をめざした村越祐民氏の市政運営の是非が争点の一つとなりました。
米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設について、再選した渡具知氏は賛否を明言せず「黙認」してきました。
小此木八郎氏が、菅義偉首相に「ありがとうございました」と伝えたところ、「ご苦労さま」という返事がメールであったという。
馬毛島で国が計画する米空母艦載機の陸上離着陸訓練の移転と自衛隊基地整備が大きな争点に。反対を訴えた八板氏が容認の立場だった福井氏を退けた。
市民からは「公約違反ではないか」「市民へ謝罪すべき」「市長を辞めるべき」などの批判が届いた。
前回選挙での得票を大きく上回る8万票余りを獲得しました。
観光振興と動物愛護の啓発のため、イベントなどに参加するにゃん
37歳のときに市長選に初挑戦したとき、周囲からは「馬鹿だな」と言われましたが、どれだけ追い込まれても市長になって目指したいものがあったのです。
市長選に紐づいて行われるはずだった欠員2名分の我孫子市議会議員補欠選挙は届出が2名しかおらず無投票という結果になった。
猫のモリスはメキシコのベラクルス州都ハラパ市の市長に立候補しており、そのマタタビ政策は民衆から支持を得ている。MSNが伝えるところによると、このニャンコ政治家は公約に「ネズミのいないハラパ」を掲げており、一日中ずっと寝転んで何もしないことを確約している。