shien

都によると、緊急事態宣言に伴う支援についても、これまで通り無料低額宿泊所などの活用が優先。定員が埋まって新たに入れない場合にホテルを活用するとしていたが、個々の事情に合わせてホテルも利用するよう、15日夕、区市町村に連絡した。
全国女性シェルターネットの共同代表・北仲千里さんは政府に、自粛下でも支援を続けるという方針を出した上で、「マイノリティに配慮した対策を」と求めている。
対象となるのは、世田谷区内に在住し経済的な理由や保護者の病気等により昼食を食べることができていない小学生・中学生だ。
新型コロナの影響でテレワークや在宅勤務など社会活動の急激な変化が生じたことが背景にあるという。
「中国では日本からの支援が一番注目されている。しかし、報道されているのは一部分だけです」(呼びかけ人の段躍中さん)
現代の複合的な課題を持つ女性やその子どもへの支援が期待される。
ロヒンギャのウェイウェイ・ヌーさんは、父親がアウンサン・スーチーさんと行動をともにした理由で家族もろとも逮捕され、18歳からの7年間を刑務所で過ごした。そこで悟ったのは、「特定の少数民族だけを支援していても、そこから平和は生み出されない」ということだった。
日本語が十分ではない外国人などを対象に、日本語の教育を受けられるよう責任を明確にする。一方、あくまで「理念」を定めただけに過ぎず、どのように具体的な政策につなげるかが課題だ。
外国にルーツを持つ子どもたちを支援してきたNPO法人。数年後に運営を続けていられる保証はない。
障がい者支援に関する国際会議「第2回世界障がいリハビリテーション会議2017」がスリランカのコロンボで開催されました。
12月が「寄付月間」だということをご存じだろうか。
3日間を通して、合計60名の方が参加してくださいました。
夫妻宅も被害を受けていたが、部分的に人が住める状態だった。
「先生が学校のトイレに外から鍵をかける」と聞いたら、日本の皆さんは、驚くでしょうか?
県との共同事業は、どういう形で運営されているのか。