shikeishikko

第2次安倍内閣が発足してから死刑が執行されたのは36人となった。
海外の主要メディアも速報で伝えた。
上川陽子法相の下では、8月の再任後は初めて
死刑を執行されたのは、女性5人の連続殺害の罪に問われた鎌田安利死刑囚(75)と、連続保険金殺人の罪に問われた吉田純子死刑囚(56)。
法務省は8月29日、2人の死刑を執行した。2012年12月に第二次安倍政権が発足してから、谷垣法務大臣のもと、6回にわたって合計11人に死刑が執行されたことになる。
日本における死刑制度は、様々な問題を抱えています。以下、日本における死刑の現状と、国際的な潮流、そして私が法務大臣在任中に経験したことについてお話ししたいと思います。
オクラホマ州で起こった死刑執行の失敗は新たな議論を呼んでいる。政府が認可する殺人について議論するにおいて、州が死刑を執行するための効果的な方法を熟考している。
アメリカのオクラホマ州で4月29日、州当局が薬物注射による死刑執行に失敗した。死刑囚はその後、心臓発作で死亡したが、同じ日に予定されていた2件目の死刑執行はファーリン知事が2週間の差し止めを命じたという。
ヨーロッパ諸国では死刑廃止論が強まっており、このことが、死刑が残るアメリカの一部の州における死刑執行の障害になっている。ヨーロッパの大手製薬会社数社が、2010年頃から、死刑執行に使われる場合には薬物を販売しない方針になったからだ(アメリカでは現在、薬物注射による薬殺刑が死刑の主な方法になっている)。