shikyue9a0b8gan-yobosesshu

HPVワクチンを巡る訴訟は、全国で計119人が東京、大阪、名古屋、福岡の各地裁に提訴している。
6月中旬、世界の医療史に刻まれるかもしれないド級の不正疑惑が日本の指導的立場の医師に発覚...
今回の記事では、さまざまな種類のある個々の接種というよりも、予防接種全体の意義、また法的な規則に関することも含めてまとめたいと思います。
ここのところ、ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン(いわゆる子宮頸がん予防ワクチン)をめぐってさまざまな動きが見られます。12月10日に、日本医師会と日本医学会による合同シンポジウム「子宮頸がんワクチンについて考える」が開催されました。
子宮頸がん予防ワクチン接種後に重篤な副反応が相次いで報告されたため同ワクチンの接種勧奨を中止している問題で、厚生労働省は10月28日に2回目の副 反応検討部会を開催し、引き続き積極的な勧奨を差し控えると決定した。
接種後に痛みやしびれを訴える人が相次いでいる子宮頸(けい)がんワクチンについて、厚生労働省が接種の推奨の中止を決めたことで、対象となる年ごろの娘を持つ親たちの間にとまどいが広がっている…