shikyue9a0b8ganwakuchin-yobosesshu

子宮頸がん予防ワクチン接種後に重篤な副反応が相次いで報告されたため同ワクチンの接種勧奨を中止している問題で、厚生労働省は10月28日に2回目の副 反応検討部会を開催し、引き続き積極的な勧奨を差し控えると決定した。
接種後に痛みやしびれを訴える人が相次いでいる子宮頸(けい)がんワクチンについて、厚生労働省が接種の推奨の中止を決めたことで、対象となる年ごろの娘を持つ親たちの間にとまどいが広がっている…
内閣府は28日、妊娠や出産の知識を広めるために「生命(いのち)と女性の手帳」(仮称)を若い女性を中心に来年度から配る案を、事実上撤回した。少子化対策として検討してきたが...