shiminsanka

裁判員制度は司法への市民参加の制度ですから、辞退率の上昇と出席率の低下は制度の根本に関わる問題です。
「全米一住みやすい街」「全米一環境に優しい街」とされると同時に、アメリカでも特に市民活動が盛んな都市としても知られています。
この4月、あるランキングが公表された。その名もThe Global Youth Wellbeing Index (世界若者幸福度指数) だ。 この調査では、 世界各国の若者の状況を比較できるように、市民参加、経済、教育、健康、情報技術、治安といった若者に関連する6つのテーマに即したデータを集積し、指標化したものだ。
年に一度、経済協力開発機構(OECD)が、生活の満足度やワークライフバランス、所得などの指標に基づいて先進諸国の幸福度ランキングを発表している。つい先日、その最新版が発表され、CNNによると、オーストラリアが4年連続の首位となった。2位はノルウェー、3位はスウェーデン。日本は36カ国中、20位だった。
行政の持つデータをオープン化し、市民が参加して協働で課題解決や町づくりをしていく潮流「オープンガバメント」。世界の都市と比肩し、東京オリンピックや震災に備えるためにも、オープンガバメントの促進が新しい都知事には求められるという。