shinemakeizaigaku

本作はアメリカのアトランタで撮影され、この主人公が乗るのはなんと「スバル」!
将来は分からないから面白いのではないか。将来が分かると「やっても無駄」的な発想になり、やる気も失う。
『スラムドッグ$ミリオネア』で作品賞・監督賞等8部門のアカデミー賞を受賞したダニー・ボイルが今回も監督。『トレインスポッティング』は彼の2作目。今や大スターとなったユアン・マクレガーと数作組んで、彼を世界に送り出した。
企業戦略の観点から考えると、この映画(君の名は。)の"新しさ"が良くわかる。
火星での探査中、宇宙飛行士のワトニー(マット・デイモン)は嵐に巻き込まれる。彼は生きていたものの、通信手段もなく、食料も31日分、救助は4年後、という状況で……
筆者は52歳であるが、中学・高校の時代はまさにテレビゲームを結構やった。そういった方々には堪らない。80年代のゲームキャラたちがリアルに地球を侵略してくるのである。
本作品は、2008年に亡くなった赤塚不二夫の生誕80周年記念作品で、「秘密結社 鷹の爪」シリーズのFROGMANが、「天才バカボン」初の長編アニメの映画にした。
本作品のベースとなっている「冷戦」であるが、テーマにしたスパイ映画や小説は多い。以前はアメリカを中心とした西側諸国とソ連を中心とした東側諸国であった。ソ連崩壊後、ロシアに引き継がれた。
今後、韓国は経済の面で中国陣営に入っていく可能性があり、ある意味、米国との関係も含め注意が必要である。もしそうなると、さまざまなバランスが崩れていく可能性がある。ロシアと中国が手を組む「新冷戦」も予想されているが、韓国の動きはさらに複雑化する要因の一つであり、世界経済に与える影響もでてこよう。
地政学的リスクといわれるが、そのような転換はできないものであろうか。闘争に当てる膨大なエネルギーを経済発展、とくに構造改革に向かわせることはできないのであろうか。これも貴重なエネルギーの無駄遣いに思えて仕方ない。
筆者は、経済政策は「教育」と同じではないかと思っている。本人に永遠に借金してまで援助をすることではなく、辛くても、その本人の一生を生きて行く強さを身に付けさせることだと考える。
ボルドーワインの生産者であるシャトーと、ワイン価格の高騰に見られたバブルなどを中心としたドキュメンタリー映画で、実は「金融」の勉強にもなる。
心霊的な能力はさておき、仕事においてはピンとくることがある。しかし、それは他の人に教えたり、伝えたりすることが難しい。しかも、それは優秀な技術者や経営者の話によく出てくる。スポーツの分野でもそうである。
『ルパン三世』は特にキャラクターが良い。ルパン三世、次元大介、石川五ェ門、峰不二子、銭形幸一(銭形警部)など、キャラが立っている。しかも、彼らは皆、良い人である。
誰もが学校の授業で習ったりして知っている、火山の噴火によって"一瞬"で埋没したイタリアの町「ポンペイ」をテーマにした歴史大作。歴史に興味がある方は必見であろう。
2013年12月に“95歳”で逝去した元南アフリカ大統領ネルソン・マンデラが書いた「自由への長い道 ネルソン・マンデラ自伝」を実写化した伝記ドラマ。南アフリカの有名な人種隔離政策「アパルトヘイト(Apartheid:アフリカーンス語で分離・隔離)」に挑む政治闘士から南アフリカ共和国の大統領となった彼が歩んだ正に波瀾万丈の人生を、重く映画化。
『スパイダーマン』シリーズは、マーベル・コミックス(アメコミ)のヒーローの中でも、比較的メジャー映画化が遅い。『スパイダーマン』(2002年)、『スパイダーマン2』(04年)、『スパイダーマン3』(06年)となっていた。これは、スパイダーマンの動きの映像(イメージ)を実現するのに、3Dも含めたCG(コンピュータ・グラフィック)の技術の進歩が必要であったからと考えている。
今年の第86回アカデミー賞作品賞受賞作。英文原題からもわかるように、南北戦争前に北部で自由の身となった黒人がなんと拉致されて南部で12年間の奴隷となってしまう話。しかも、ベストセラーとなった実話である。
アメリカの軍事・スパイ小説家トム・クランシーが作り出したキャラクター「ジャック・ライアン」が主人公のアクション映画。ジャック・ライアンシリーズの映画としては『レッド・オクトーバーを追え!』(90年)、『パトリオット・ゲーム』(92年)、『今そこにある危機』(94年)、『トータル・フィアーズ』(2002年)に続いて5作目。