shingurumaza

今でこそ信じられない話なのだけど、私が就職活動をしていた80年代は、まだ「片親の子は一流企業に入れない」などとフツーに言われていた。7歳で父親を亡くした「片親」の私も「そんなものか」とふてくされていた。 しかし、母子家庭だからこそ、就職して
人道支援に携わる者として、すべての命を救うことができない歯がゆさを感じる。
三浦静加さんは、東京都議選に世田谷区選挙区から無所属で立候補する。組織に頼らず単独で「障がい児ファースト」の旗を掲げようと突き動かしたものは何だったのか。
いつもと変わりない日常を生きる多様な家族のかたちとは? 作者の松島直子さんに聞いた。
ヒップホップ、スカイダイビング…。仕事一筋でこれまで75年間できなかったことに挑戦。
「母親をやっていて一番好きなのは、娘にはまだ早いんじゃないだろうかと思ったことを娘が成し遂げるのを見て、成長を実感できる時です」
沖縄で小学生や中学生が飲酒運転する事件が相次いだ。その背景には何があるのか。繰り返される暴力や虐待にさらされる少女たちを調査した「裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち」(太田出版)の著者・上間陽子さんに聞いた。
「いつもくるされてた」。そう語るのは沖縄のキャバ嬢、優歌さんだ。「くるされる」とはひどく暴力をふるわれることを意味する。なぜ、沖縄の女性たちは殴られるのか。「裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち」(太田出版)の著者・上間陽子さんに聞いた。