shingyurariti

脳科学者の茂木健一郎氏は「AIの研究開発は密室でできるため、禁止条約が充分に機能するのか」という疑問を投げかけました。
人工知能技術の急速な進展によって、人の価値観や社会のあり方が変わることへの不安は大きい。
人工知能と次世代マーケティングの融合はこれからの分野。
マーケティングと人工知能の歴史をひも解き、関連性に着目します。
人気連載『バイナリ畑でつかまえて』や『AIの遺電子』で知られる漫画家・山田胡瓜先生に「人工知能と未来の働き方」についてお話を伺いました。
機械には還元できない真実は厳然としてあるし、その意味での機械と人間の相違を深く探究していくことこそ、人間が人間であることの意味の再発見につながる。
2030年代、人類は生きた脳にナノボットを送り込み、死んだ人々の記憶を取り出すことができるようになる。
その、おもしろくて、しかも深さもある主張によると、神の降臨は未来においてもないけれども、われわれ人間自身が必然的に神になるのだ。それは多くの人の脳と心を刺激する、中身の濃い考えだ。
遠い存在だった人工知能は今、社会の中で機能し始めている。未来が論じられる時、必ずと言っていいほど出てくる言葉がある。それは技術的特異点、「シンギュラリティ」だ。
アルゴリズムが判断するコンテンツのフィルタリングやターゲティング広告は、まさに「不気味の谷」を感じさせるのではないか――2015年を前にして、そんな論考が目についた。