shinjuwan

「誰もが戒厳令下に置かれ、等しく不当に扱われていました」
「私たちがあの場所に戻るのは、自分がその一部のように感じるからです」
太平洋戦争の開戦の火ぶたを切った真珠湾攻撃から、12月8日で75年目を迎えた。
TPP協定、トランプ政権、天皇陛下の譲位議論、憲法改正…過去の歴史には、解決のヒントが詰まっている。
12月8日は「国民が国家の行く末に関われなかったことを噛み締める日だ」
安倍晋三首相は12月26日と27日、アメリカのオバマ大統領とともにハワイを訪問し、太平洋戦争の発端となった1941年12月の旧日本軍による真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊すると発表した。
「安倍首相が(75年の追悼セレモニーに)来なければ驚きだ」とする米政府高官の発言も報じられていた。
よく晴れた日曜日の朝の出来事だった。1941年12月7日午前7時55分(日本時間8日午前3時35分)、ハワイ諸島のオアフ島の海軍基地を、日本軍の航空部隊が奇襲した。
12月8日は、太平洋戦争の口火を切った真珠湾攻撃の日。現地で撮影された貴重な記録映画と写真で振り返った。
私がこの提案を行うのは初めてではない。2005年8月、米ウォールストリートジャーナル紙オピニオンページに歴史和解を最終確認する儀式を提唱して以来、ほぼ毎年、同じ主張を続けている。